人気ブログランキング |

居心地 * Den

居心地 * Den_c0307053_19025795.jpg
さいたま市の木の家

プランニングしている時に考えることをつらつらと。



サザエさん家の縁側の始まりと終わりについて。

(何故サザエさんがでてくるのかの経緯はこちら。)


サザエさんの縁側の空間の繋がりは、

東側に玄関があり、南東をぐるっと周りながら

南西角のトイレを結ぶ動線上に縁側が配されています。

縁側が単に存在するだけではなく、

玄関とトイレを結ぶ廊下を兼ねていること。

廊下であり、縁側である。

廊下であり、中間領域でもある。

意味が複合的な感じ。



今回の縁側土間というか(土間リビングというか)、

同様に意味が複合的であることは大事なポイントです。


敷地面積の制約を踏まえ、

ご要望の各諸室もプランニングした中で、

ご提案したのが「縁側土間」。


室内、つまり、靴を脱いだ「床」として使う縁側よりも、

靴のままやサンダルなど室内履きとして「土間」として扱い、

納戸 ⇔ 玄関 ⇔ 縁側土間 ⇔ リビング

という繋がりにすることで、意味を複合化。


玄関からのアプローチ(廊下)であり、

来客を迎える玄関ホールのようでもあり、

ちょっとしたことであればここで用足りるような場でもあり、

地窓をあければ庭との距離感が近く、

縁側効果も合わせ持つ。

隠蔽可能な障子でオープンにすることも、

また、分けることも自由。


日中はオープンにして、

縁側土間とリビングをつなぎ、

吹抜けからの明かりをたっぷり取り込む。


夜間は障子を閉めて、

縁側土間とリビングを空間的に分け、

リビングダイニングを家族の空間として、

中間領域である縁側土間が持つ、

隣家の存在を意識から消すことができるように。



プランをエスキスしながら、

タテ方向のつながりや

近隣との関係、

あかりの取り入れ方と風の抜け。


何度も何度も

検討を繰り返していく。

居心地のよい空間を求めて。


Den設計室 新浩司
仕事のこと 里山のこと

ホームページ

https://www.denlife.info/


works etc

*** *** *** *** ***

by Den-kn | 2020-08-01 18:59 | KUVACO / 埼玉県さいたま市 | Comments(0)